2017年03月22日

個人的インドア系エンタメプレイバック1995

1995(13歳)中学校1年生

テレビ『忍空』(フジテレビ/‘95-’96)
NINKU-忍空- Blu-ray BOX 1 -
NINKU-忍空- Blu-ray BOX 1 -

原作が大好きだったのでアニメ化した時は嬉しかったですね。
アニメ版は原作からかなりアレンジしていますが、これはこれでおもしろいです。
毎週オンタイムで観て、録画したのを何回も観直すほど好きでした。


マンガ『人形草子あやつり左近』(‘95)
人形(からくり)草紙あやつり左近 (1) (ジャンプ・コミックス) -
人形(からくり)草紙あやつり左近 (1) (ジャンプ・コミックス) -

『かまいたちの夜』の影響だと思うんですが、推理ものは結構好きで、
やっと『ジャンプ』でも推理ものが始まって嬉しかったんですが、
短命で終わってしまいました。大人になってからコミックを買って、
今でもたまに読み直しますね。


テレビ『リング』(フジテレビ/‘95)
リング(フジテレビオンデマンド) -
リング(フジテレビオンデマンド) -

これは再放送を途中から観て、たまたま家に一人でいたので物凄く怖かったんですよ(^^;
後に映画化され、大ヒットしますが、
この頃は周りで『リング』を知っている人は皆無でした。
後に映画も観たし、原作も読みましたね。


テレビ『金田一少年の事件簿』(日本テレビ/‘95-’96)
金田一少年の事件簿 VOL.1(ディレクターズカット) [DVD] -
金田一少年の事件簿 VOL.1(ディレクターズカット) [DVD] -

これは途中から観始めました。なぜか、堂本剛のドラマはよく観ていて、
これも観始めたんだと思います。最初は原作がマンガだと知りませんでした。
今観ても、映像や音楽がいいです。


テレビ『妖怪人間ベム』(フジテレビ/‘68-’69)
妖怪人間ベム<初回放送 オリジナルHDリマスター版>Blu-ray BOX -
妖怪人間ベム<初回放送 オリジナルHDリマスター版>Blu-ray BOX -

ここら辺から段々と周りの同世代の人たちとずれ始めていきますが(^^;
この頃、深夜に再放送をやっていて、毎週録画して観ていました。
この時代のアニメにしては珍しい陽気なエンディングテーマが大好きでした。
「僕たちは ベロ ベロ♪ 友達さ ベロ ベロ♪」というやつです。
それにしても「顔は悪いがいい奴だい」という歌詞は言い過ぎですね(^^;


ゲーム『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』(スーパーファミコン/‘92/エニックス)
ドラゴンクエスト5 -
ドラゴンクエスト5 -

初めてクリアーした『ドラクエ』がこれでした。
しかも、この頃にVって、結構遅いんですが、夏休みにじっくり遊びました。
確か、これも一度データが消えてやり直したのを覚えています。


ゲーム『ドラゴンクエストVI 幻の大地』(スーパーファミコン/‘95/エニックス)
【中古】 SFC ドラゴンクエストVI /スーパーファミコン 【中古】afb - ブックオフオンライン楽天市場店
【中古】 SFC ドラゴンクエストVI /スーパーファミコン 【中古】afb - ブックオフオンライン楽天市場店

初めてリアルタイムで遊んだ『ドラクエ』です。
これは未だに私の中では最高傑作の『ドラクエ』なんです。
posted by いっき82 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | はじめまして・2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月20日

部屋と電気グルーヴと私(3)

高校卒業後、就職することになった私は入社するまでの春休みの間に
『Dragon』(‘94)を購入しました。

DRAGON - 電気グルーヴ
DRAGON - 電気グルーヴ

このアルバムはそれまでに聴いていた『KARATEKA』や『ORANGE』とはかなり違う
本格的なテクノ路線のアルバムで、すっかりハマってしまいました。

その後、1年掛けて電気のアルバムをほぼすべて網羅することになるんですが、
どのアルバムも魅力的でした。
何よりもそれらのアルバムを一気に聴くことができるのが贅沢に感じましたね。

A(エース) - 電気グルーヴ
A(エース) - 電気グルーヴ

VITAMIN - 電気グルーヴ
VITAMIN - 電気グルーヴ

VOXXX - ARRAY(0xef14468)
VOXXX - ARRAY(0xef14468)

FLASH PAPA - ARRAY(0xdf2c868)
FLASH PAPA - ARRAY(0xdf2c868)

UFO - 電気GROOVE
UFO - 電気GROOVE
▲私が購入した順番。発表順ではありません。

しかし、この‘01年の7月に電気グルーヴは活動休止を宣言するんですよね。
活動休止を発表したNHK-BSの特別番組を観て、
残念に思ったのを覚えています。

電気グルーヴが活動を休止している間は、
それまでのアルバムを聴きながら、
各アルバムが発表された頃の音楽雑誌でのインタビューなんかも集めていました。

特に好きで今でも読み返すのが『ロッキング・オン・ジャパン』の
インタビュー記事で、『DRAGON』や『A』を発表した時のものがいいんですよね。

電気と言えば、ライブが魅力的ですが、この頃はビデオで楽しんでいました。
(ビデオっていうのが時代を感じさせます(^^;)

ミノタウロス+ケンタウロス+シミズケンタウロスDVD -
ミノタウロス+ケンタウロス+シミズケンタウロスDVD -

野球ディスコDVD -
野球ディスコDVD -
▲いずれも今ではDVDで発売されています。

ソロの作品も全部ではないですが、結構聴いていましたね。

DOVE LOVES DUB - 石野卓球
DOVE LOVES DUB - 石野卓球

CROSSOVER - ARRAY(0x10551f28)
CROSSOVER - ARRAY(0x10551f28)
posted by いっき82 at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

部屋と電気グルーヴと私(2)

電気グルーヴの作品を聴くようになったのは‘00年、高校3年生の時でした。
それまでバンドなどに興味のなかった私が初めてYMOにハマり出して、
テクノを聴くようになったんです。

初めて購入したYMOのリミックスアルバム
『Hi Tech/No Crime』のライナーノーツにはYMOのフォロワーとして、
電気グルーヴの名前が出ていて、その時に初めて
「電気グルーヴってテクノのバンドなんだ」と認識しました。

HI-TECH/NO CRIME - イエロー・マジック・オーケストラ
HI-TECH/NO CRIME - イエロー・マジック・オーケストラ

当時の私はYMOを中心に‘80年代前後のテクノポップ、エレクトロポップと
‘90年代~’00年のテクノ、ハウスを分け隔てなく聴くようになっていったので、
必然的に電気グルーヴが日本のテクノを代表するアーティストであることは
すぐに分かっていったんですよね。

Solid State Survivor -
Solid State Survivor -

人間解体 - クラフトワーク
人間解体 - クラフトワーク

誰がアート・オブ・ノイズを・・・(紙ジャケット仕様) - アート・オブ・ノイズ
誰がアート・オブ・ノイズを・・・(紙ジャケット仕様) - アート・オブ・ノイズ

Ex:El - 808ステイト
Ex:El - 808ステイト

30 - ローラン・ガルニエ
30 - ローラン・ガルニエ

Innerelements - Ken Ishii
Innerelements - Ken Ishii
▲当時、私が聴いていたアルバムの一部

ちなみに、高校生の時に私が購入した電気グルーヴのアルバムは
『KARATEKA』(‘92)と『ORANGE』(’96)というお笑い色の強い2枚で
まだ本格的に電気グルーヴの魅力を分かっている感じではありませんでした。

KARATEKA - 電気グルーヴ
KARATEKA - 電気グルーヴ

ORANGE - 電気グルーヴ
ORANGE - 電気グルーヴ

この2枚はまったく予備知識なしにたまたま選んだもので、
後に電気の全体像が分かった時に
お笑い色の濃いものに縁があったんだなと思いました(^^;

高校生の時には後輩で電気グルーヴが好きな友達がいて、
彼から『VITAMIN』(‘93)や『VOXXX』(’00)を少し聴かせてもらったので、
コミカルなだけのバンドではないということは分かっていましたけどね。

何よりも当時は石野卓球が主催するレイヴイベント
「WIRE」が始まって間もない頃(‘99年にスタート)で、
その模様をテレビで少しだけ観ることができたので、
電気グルーヴのイメージは私の中で一転しました。

WIRE 00 COMPILATION - ARRAY(0xf2efd50)
WIRE 00 COMPILATION - ARRAY(0xf2efd50)
▲当時のWIREのコンピレーションアルバム。今でもこのデザインが大好きです。

当時は「こんなイベントを生で観ることができたら最高なのになぁ」
と憧れを抱く毎日でした。
posted by いっき82 at 07:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする